建設コンサルタントのエーティック / 各種取り組み - シンポジウム

40周年ロゴおかげ様で創業40年を迎えました

未来へ引きつぐ地球環境と社会資本のために

会社概要 /

社内技術発表会

第24回社内技術発表会

平成28年9月30日 札幌市生涯学習センター「ちえりあ」大研修室

【特別講演】

・「災害発生時の対応について」―東日本大震災を例にして―

  一般社団法人 北海道河川財団 理事長 関 博之氏

・「情報工学から環境問題へのアプローチ」

  室蘭工業大学 情報電子工学系学科 教授 永野 宏治氏

【発表論文】

・特殊車両通行許可申請 審査体制の改革

・北海道における白亜紀~古第三系泥質岩のトンネル地山評価(案)

・河川水辺の国勢調査データの河川管理への活用方法

・新潟平野での山留め壁根入れ部の特異な挙動について


弊社技術発表会の様子。 今年は、一般財団法人北海道河川財団理事長の関博之氏を基調講演講師としてお招きしました。関氏は北海道開発局長、国土交通省北海道局長を歴任され北海道開発行政を牽引されてこられた方です。東日本大震災からの教訓を中心に、8月末から先月にかけて本道を襲った台風災害への対応・復旧にもつながる大変貴重なお話しをいただきました。 また、午後の部では特別講演として室蘭工業大学の永野教授にもお越しいただき、情報工学の視点から環境問題へのアプローチ手法についてお話しをいただきました。 あらゆるインプット情報を分析・解析し最適解を導くことが求められる我々コンサルタント技術者にとって示唆に富む内容でした。。


社内発表は年々レベルが上がってきているのが実感できます。今後もこの取り組みを継続し技術力の向上に努めます。