建設コンサルタントのエーティック / 各種取り組み - 安全活動

40周年ロゴおかげ様で創業40年を迎えました

未来へ引きつぐ地球環境と社会資本のために

会社概要 / safety

安全活動

平成29年度 株式会社エーティック安全大会(上期)

平成29年度上期安全大会を『札幌市生涯学習センターちえりあ』にて、31社の協力会社を含め約110名の参加により開催しました。

挨拶では舟田幸太郎社長より「安全衛生管理では労働災害や交通安全といった面に偏りがちだが、当社は建設コンサルタントとして頭脳集団であるので心身共に健康であることが基本である。」と呼びかけました。

つづいて渓仁会円山クリニックの産業医、園田博氏を講師に「メンタルヘルス~疲労の蓄積と回復のポイント」と題して講演いただき、心のケアについての重要性について理解を深めました。

このあと安全衛生委員長より平成28年度の活動報告および平成29年度の活動計画発表を行い大会最後には、役職員および協力会社を代表し、当社職員による決意表明が行われ、上期における無事故・無災害遂行を誓いました。

当社の安全大会の様子が、新聞に掲載されました。

北海道通信社

北海道通信社の紙面

平成28年度 株式会社エーティック安全大会(下期)

平成28年度下期安全大会は、『札幌市生涯学習センターちえりあ』にて業務多忙の中、24社の協力会社を含め約80名の参加により開催しました。

大会では舟田幸太郎社長より「一連の台風災害に関し、本復旧に向けては何年もかかるであろうと思われ、災害復旧の業務が増えてくるものと思う。業務の性格上急ぐ仕事もあろうかと思うが、安全優先で作業を遂行してほしい。」と呼びかけました。

この日は全国交通安全運動の最終日でもありDVDによる交通事故事例を学び、車両運転の際の注意点を再確認しました。

このあと安全衛生委員長より活動報告を行い大会最後には、役職員および協力会社を代表し、当社職員による決意表明が行われ、下期における無事故・無災害遂行を誓いました。

当社の安全大会の様子が、新聞に掲載されました。

北海道通信社

北海道通信社の紙面

平成28年度 株式会社エーティック安全大会(上期)

平成28年度上期安全大会は、『札幌市生涯学習センターちえりあ』にて31社の協力会社を含め約100名の参加により開催しました。

大会では舟田幸太郎社長より「昨年度は無災害を達成したが、ヒヤリハットが続くと重大事故につながる」とし「本年度も気を引き締めて業務に邁進してほしい」と呼びかけました。また、業務に関しては「点検業務の増加により現場作業が多くなっている。コンサルといえども大手ゼネコンに匹敵する安全活動を実施し、受注に繋げたい。」と協力を求めました。

このあと清水建設株式会社北海道支店 濱出龍平安全環境部長を講師として招き、「不注意災害を防止するために」と題して安全講話をいただきました

大会最後には、役職員および協力会社を代表し、当社職員による決意表明が行われ、上期における無事故・無災害遂行を誓いました。

当社の安全大会の様子が、新聞に掲載されました。

北海道通信社

北海道通信社の紙面

平成27年度 株式会社エーティック安全大会(下期)

平成27年度下期安全大会は、上期に続き10月2日『札幌市生涯学習センターちえりあ』にて20の協力会社を含め約90名の参加により開催しました。

大会では舟田幸太郎社長より労働安全には「秘訣は無い、やるべきことをやることが全て」と呼びかけ「各種取り組みを確実に実行し、仲間たちを安全に家族のもとへ帰してほしい」と呼びかけました。また、前夜からの暴風雨を例に「これからの季節、自然災害の多発期となり、いち早く現場に駆け付ける必要性が高くなる。職員や協力会社の皆さんには迅速な対応をお願いする」と全社を挙げた体制強化を訴えました。

このあと東京海上日動火災保険(株)札幌中央支店 山谷幸平支店長代理を講師として招き、「ヒヤリハット映像から学ぶ事故防止と道路交通法」と題して安全講話をいただきました

大会最後には、役職員および協力会社を代表し、当社職員による決意表明が行われ、下期における労働災害および交通事故の根絶に向け決意を新たにしました。

当社の安全大会の様子が、新聞に掲載されました。

北海道通信社

北海道通信社の紙面

平成27年度 株式会社エーティック安全大会(上期)

平成27年度上期安全大会は、5月22日『札幌市生涯学習センターちえりあ』にて26の協力会社を含め約90名の参加により開催しました。

大会では舟田幸太郎社長より「無事故・無災害の達成が最大の目標」と呼びかけ「決められたことをきちんと実行することが安全の基本」と訴えかけました。また、土砂災害関係基礎調査など当社が得意とする分野が注目される中、これまでゼネコン各社と培った当社伝統安全文化を一層高めるよう訴えました。

続いて安全担当役員である岡田専務からは「人間にはミスがつきもの。それを防ぐためにあらゆることに取り組む」と指摘、特にKY活動の重要性を強調しました。

このあと安全講話として大成建設株式会社札幌支店 幌延PFI統括責任者 名合様より「ヒューマンエラーの防止とレジリエンスの向上」と題し、講話をいただきました

技術第二部長より今年度より発足した「災害特別チーム」の活動について説明があり最近頻発する自然災害などの緊急時対応に対し、迅速に対応することを目的としているが、当社はもとより協力会社各社にも協力をお願いしました。

大会最後には、役職員および協力会社を代表し、当社職員による決意表明が行われ、ぜろ災害の達成を誓いました。

当社の安全大会の様子が、新聞に掲載されました。

北海道通信社・北海道建設新聞社

北海道通信社の紙面

平成26年度 株式会社エーティック安全大会(下期)

平成26年度下期安全大会を9月26日「札幌市生涯学習センターちえりあ」にて開催しました。
会場には協力会社を含め役職員65名が参加し、安全活動の周知徹底を図りました。

挨拶に立った舟田社長からは、調査・点検・計測を主力とする当社にとって、上期・下期の安全大会を開催する意義は大きく、協力会社の方々を含め多くの皆さんに参加いただき大変心強いと強調しました。安全には妙案は無く、決められたことを手順通り確実に行うことが重要と訴えました。

続いて安全教育では、交通事故防止に関するビデオを視聴、これから冬季に向かいより一層の交通安全を呼びかけました。

大会最後には、役職員および協力会社を代表し、当社職員による決意表明が行われ、ゼロ災害の達成を誓いました。

当社の安全大会の様子が、新聞に掲載されました。

北海道通信社

北海道通信社の紙面

平成26年度 株式会社エーティック安全大会(上期)

平成26年度上期安全大会は、5月23日『札幌市生涯学習センターちえりあ』にて協力会社を含め約70名の参加により開催しました。

大会では舟田幸太郎社長より受注が4割増となった昨年を振り返り、その遂行に謝意を表すとともに、今期においても安全第一を訴え「自身の生活を守る気持ちで、無事故・無災害を達成しよう」と呼びかけました。
続いて安全担当役員である岡田専務からは「企業は信用が大事であり一度事故を起こすとその信用を失う。安全イコール企業経営と考え行動してほしい」と呼びかけました。

危機管理委員長を務める水口技術第一部長より昨年周知を図った「危機管理マニュアル」基づく自然災害への対応について解説しました。

最後に、当社役職員および協力会社を代表し、当社職員による決意表明が行なわれ、安全活動の順守を確認し合いました。

平成26年度の下期安全大会。<br>5月23日『札幌生涯学習センター「ちえりあ」』にて。 平成26年度の下期安全大会。<br>5月23日『札幌生涯学習センター「ちえりあ」』にて。

当社の安全大会の様子が、新聞に掲載されました。

北海道通信社・北海道建設新聞社

北海道通信社の紙面

平成25年度 株式会社エーティック安全大会(下期)

平成25年度下期安全大会を9月25日「札幌市生涯学習センターちえりあ」にて開催しました。
会場には協力会社を含め役職員60名が参加し、安全活動の周知徹底を図りました。

挨拶に立った舟田社長からは、今後も無災害を継続できるよう協力を要請するとともに、国内で 公共インフラの総点検が行われている中、当社も国の安全を守る仕事を担っており安全に注意を 払う職場作りを目指していくことを出席者に呼びかけました。

続いて安全講話では、札幌市区政課交通安全担当課長の吉成真吾様より交通安全に関わる注意点 を説明。高齢者への十分な配慮と飲酒運転の危険性とリスクについて説明を受けました。

大会最後には、役職員および協力会社を代表し、当社職員による頚椎表明が行われ、ゼロ災害の 達成を誓いました。

平成25年度の下期安全大会。<br>9月25日『札幌生涯学習センター「ちえりあ」』にて。 平成25年度の下期安全大会。<br>9月25日『札幌生涯学習センター「ちえりあ」』にて。

当社の安全大会の様子が、新聞に掲載されました。

北海道通信社

北海道通信社の紙面

北海道建設新聞

北海道建設新聞の紙面

平成25年度 株式会社エーティック安全大会(上期)

平成25年度上期安全大会は、5月10日『札幌市生涯学習センターちえりあ』にて協力会社を含め約90名の参加により開催しました。

大会では舟田社長よりアベノミクスにより受注環境が好転しそうな状況下であるが、事故による指名停止などが発生した場合には皆さんの生活にも直結することから労働安全の重要性を訴えました。また、安全担当役員である舟田専務からは送り出し教育の徹底を求めました。

続いて安全衛生委員長から平成24年度の活動報告と平成25年度の活動計画を説明。また、危機管理委員長を務める水口技術第一部長より東日本大震災を契機に社内作成した危機管理マニュアルについて解説しました。

最後に、当社役職員および協力会社を代表し、当社職員による決意表明が行なわれ、安全活動の順守を確認し合いました。

平成25年度の上期安全大会。<br>5月10日『札幌生涯学習センター「ちえりあ」』にて。 平成25年度の上期安全大会。<br>5月10日『札幌生涯学習センター「ちえりあ」』にて。

当社の安全大会の様子が、新聞に掲載されました。

北海道通信社

北海道通信社の紙面

平成24年度 株式会社エーティック安全大会(下期)

平成24年度下期安全大会は、上期に続き10月3日『札幌市生涯学習センターちえりあ』にて協力会社を含め約40名の参加により開催しました。

大会では舟田社長より労災事故防止についてルールを順守することを徹底し、安全活動推進に努めるよう求めました。

続いて安全衛生委員長から道内の労災や交通事故の発生状況を説明し注意を喚起。声掛け運動の推進や、時間にゆとりを持った運転などを心掛けるよう促しました

最後に、当社役職員および協力会社を代表し、当社職員による決意表明が行なわれ、安全活動の順守を確認し合いました。

平成24年度の下期安全大会。<br>10月3日『札幌生涯学習センター「ちえりあ」』にて。 平成24年度の下期安全大会。<br>10月3日『札幌生涯学習センター「ちえりあ」』にて。

平成24年度 株式会社エーティック安全大会(上期)

平成24年度の上期安全大会は、5月11日に『札幌生涯学習センター 「ちえりあ」大研修室』において、当社役職員および協力会社の代表者・社員の総勢60名で開催しました。

冒頭、舟田社長より安全な作業を遂行する上で相互の思いやる気持ちが危険予知につながるとし、改めて災害防止に協力を求めました。

続いて安全担当役員の舟田幸太郎専務からは、基本に則り安全最優先での業務遂行を訴えました。安全衛生委員長からは安全衛生委員会の平成23度活動報告および平成24年度の活動計画の発表、労働災害防止・交通安全情報・衛生管理情報の資料をもとにした説明が行われました。

最後に、当社役職員および協力会社を代表し、当社社員による安全決意表明が行われ、当社役職員および協力会社の皆様と安全活動の順守を確認し合いました。

平成24年度の上期安全大会。<br>5月11日『札幌生涯学習センター「ちえりあ」』にて。 平成24年度の上期安全大会。<br>5月11日『札幌生涯学習センター「ちえりあ」』にて。

当社の安全大会の様子が、新聞に掲載されました。

北海道通信社

北海道通信社の紙面